最近ニキビが治らなくて悩んでいます。

38歳男性ですが、最近ニキビができて悩まされています。

学生の時にはニキビができたことがありましたが、成人してからニキビができたことがありませんでした。

それがここ最近1年くらいニキビができてなかなか直らないのです。

市販のいろいろな薬を試したが、治らなかったのでいろんな方法を試しました。

まず、大人ニキビと言われる成人してからのニキビと、思春期にできるニキビとはメカニズムが違う事が分かりました。

思春期の頃は、成長期のホルモンバランスの乱れによるもので、一定の期間が過ぎれば自然と治るようで、まめな洗顔をし、清潔にすることが大切です。

成人してからのニキビは、生活習慣の乱れや、乾燥によりニキビができやすくなるようです。

飲酒や、脂分の多いものをとっているとニキビができやすくなると聞いて、ピンときました。

たしかに、酒を飲んで油っこいものばかり食べていました。

そして、乾燥もニキビに大敵なようで、洗顔の時にゴシゴシ顔を洗いすぎるとあまり良くないようです。

最近の洗顔フォームは皮脂を必要以上に洗い流してしまい、乾燥しやすくなります。

野菜などを多く採るようにし、油分を控えるように気をつけるようになりました。

すると少しずつではありますが、良くなってきたので、生活習慣を見直すきっかけにもなりました。

参考にするなら大人ニキビに効く洗顔フォームが良いと思いますよ!

口まわりのニキビ

私は現在26歳の男ですが、未だにニキビに悩まされています。
ニキビの種類は白ニキビと赤ニキビです。

白ニキビはニキビの中では最初の症状で、毛穴に脂肪や油分が詰まってできるそうです。
赤ニキビは白ニキビが発展してできるもので、炎症が起こってしまっている状態だそうです。

私は風呂上がりには肌から潤いという概念が消え失せて、サハラ砂漠のようなひどい状態に陥ります。
しかし時間が経つと今度は油が出過ぎて、顔中がテカテカになって気持ち悪いです。
特に私が悩まされたのが顎ニキビです。

いろんなサイトをネットサーフィンして、その中でも顎ニキビケアを専門に取り扱ってるサイトともいくつか出会い、とても勉強させてもらいました。
今、私のニキビに対する知識があるのも、こういったサイトで勉強したことがいきていると思います。

そんな悩ましい肌を持つ男なので、風呂上がりには乾燥肌の人のための化粧水を塗り籠み、それ以外の時間にはこまめに顔を水洗いするように心がけています。
それでも、ニキビはなかなか治らない!

ニキビを早く治すために病院に行くことを考えましたが、その前にちょっと、オロナインについて調べました。

オロナインはニキビに効くということも知られるようになってきており、私も使用したことがあります。
しかしそのときは全く効果がありませんでした。

しかし調べてみたところ、オロナインは赤ニキビにのみ有効なようなのです!
白ニキビの部分につけてしまうと、むしろ油に脂を注ぐ結果になるのだとか……。
あとつけ過ぎもよくないそうです。

赤ニキビの部分にだけうっすらと塗るようにしたら、今度は効果覿面でした!
白ニキビはこまめに顔洗いをして防ぐしかありませんが、赤ニキビが早めに消せるようになって、最近は少し満足しています。

他にも試したり、調べたりしたものはいくつもあります。
大人ニキビをサプリで治すという方法もあるようです。

ネットで検索すると結構いろんなニキビ用のサプリメントが発売されているようで、中でも絹美人というサプリが人気があるようです。
身体の栄養バランスを整えて、余分な脂分を発生させなければニキビはできません。

洗顔や化粧水など、外的な治療ばかりするのではなく、サプリで内側から治すという方法は負担も少なそうだし、ぜひ一度はチャレンジしてみたいです。

ちょっと変わったラーメン店

錦糸町駅南口から徒歩2分程の所にあるラーメン店「ラーメンヨシベー 錦糸町店」に訪問したときのお話です。
ここはラーメンの他にもこだわっている所があります。それは空間です。外観から昭和レトロの雰囲気を醸し出しています。店内に入ると、昭和を感じさせるブリキのおもちゃや看板などが所々にあります。ラーメンを注文してから運ばれて来るまでの時間は暇なことが多いのですが、ここでは店内を見渡しているだけで楽しいので時間を持て余すことはありません。

お店の雰囲気からして、昔ながらの中華そばが売りかと思っていたのですが、とんこつベースの醤油や塩などが一押しのようです。私は「ヨシベーラーメン醤油+替玉+トロ肉ハーフサイズ」を注文しました。麺は細麺も選べますが、私は太麺派なので太麺を選択し、そして替玉は、始めからスープに入れ大盛にして頂きました。
スープはとんこつベースで濃厚ですがくどくはありません。トッピングするか迷ったトロ肉も美味しかったです。

次回は、始めに太麺を食べ、替玉を細麺にして、一度で2種類の麺を楽しみたいと思います。昭和の時代を知らない平成生まれの方も、昭和の時代を知っている方でも、喜びそうなお店だと思います。

地球温暖化で竜巻増加中!?

真っ黒い雲に覆われた空から地上に向かって伸びた細長い竜巻が、建物や車などあらゆる物体を巻き上げ、あっという間に街を破壊し、通り過ぎた後には何も残らない。
このように多大な被害をもたらす竜巻ですが、ニュース映像で竜巻を見ると、本当に巨大な竜が空から降りて来たような感じがして、本当に気味が悪く恐ろしく思えます。

私が子供の頃は、竜巻の被害などほとんど報道されていなかったように思います。竜巻の本場といえば、何と言ってもアメリカです。テレビで報道される竜巻の映像のほとんどが、アメリカ中西部で発生した竜巻です。
ところが、地球温暖化が叫ばれ始めてから、この日本でも竜巻の大きな被害が出始めています。日本は年間で大体十数個の竜巻が発生すると言われていますが、他の地域と比べても特別少なくも多くも無いそうです。
しかし、日本で発生する竜巻が、年々強力になっていると感じるのは私だけではないはずです。近年竜巻のニュースが増えたのは、カメラ付携帯の普及により、竜巻の発生が記録される機会が増えたためで、地球温暖化とは無関係という意見があります。しかし、因果関係はまだよく解っていません。

メジャーリーグを席巻した野茂投手のようなトルネードならいくら発生しても大歓迎なのですが…。

ゴールデンウィークも終わったけどさ

今年のゴールデンウィークって5/10までという人も多かったみたいで、意外とたくさんの人が10日まで休んでいるのかもしれないなと思いました。

11日から仕事をする人に教えておくと5月病という病気はないようです。これは短期的なうつ状態のようです。日常を繰り返していても会社にいきたくない

学校に行きたくない等の日々の精神的な浮き沈みが大きいものです。
これは、会社や学校に行ってしまえば一日何とかやり過ごせるものですが、これではやり過ごせなくなるとうつ病的状態になる事があります。

これが積み重なると本当のうつ病となってしまいます。そのため学生は無理ですが社会人は抜きどころを上手く作るといいと思います。

さて5月病に話しを戻すと結局、休みが続いて楽しすぎたので現実に引き戻されるとなんとなく楽しくなくなるという良くあるパターンの奴です

5月病解消法は、とりあえず頑張って一週間を樺って見る事です。それで乗り越えることが出来れば5月病とサヨナラできます。
ここで、へこたれた場合は色々と考えたほうが良いかもしれません。というのも無理をしているのが、爆発してしまう一歩手前という事も

あるかもしれません。しかしこれは新入社員の場合だけです。
そうでない場合は、仮面鬱だったのかもしれません。

落語を聴く

気分によって楽しいと感じる物事は人それぞれあると思います。私の場合は落語がその物事に当てはまります。

とは言っても、落語家が揃う演芸番組は毎週楽しく見ていますし、いつもはほぼ興味が無いというわけではありません。

しかし、他の趣味もある自分はどうしても落語を聴くことの優先度を下げてしまいがちになってしまいます。

実際、東京や大阪にある寄席に出掛けたことは一度も無く、落語家さんの落語会をお金を払って行ったことも1度しかありません。行きたいとは思っているのですが、時間と予算の都合から断念することも少なからずあります。

そういう時は自宅にある落語のCDや録画したビデオ映像を見て楽しんでいますが、そういった映像や音声を聴く度に、生の落語が恋しくもなります。

落語と言うと若い人はあまり親しむ機会が無く、若い人が楽しむお笑いと言えば、若手芸人によるコントが中心となりますが、私の場合は落語の方が合ってる気がします。

勢いや臨場感はコントと同様に凄まじいこともありますが、言葉のプロとも言える落語家が喋る落語は言葉に込める感情や話し方にこだわっている部分も多く、終始賑やかなコントとは違って、聴いてるこちらも落ち着いて聴くことが出来ます。

近年では落語を聴く人も高齢化が進み、若い人が落語に親しむ機会も少ないことから、昔の娯楽になりつつありますが、落語はいつまでも残していって欲しい、日本の伝統芸能だと私は思います。

今日の一日

今日の天気は晴れのち曇り
気温は14℃
気温の割にはすこし肌寒く、長そでがいるくらいでした。

今日は朝早く起きて
不動産屋にいって、引っ越しの本契約をして、
説明などを受けて契約が済んだら、
新居へいき、家具などを一式買い替えるために
家のところどころの寸法をはかり、
おばあちゃんちへ行き、家具やに行くなどといったハードスケジュールでした・・(笑)

家具屋さんへいったのですが、
やっぱり新品のものに買い替えるといわれると、
気持ちが高まりますよね!
あれもいいなこれもいいななんて、
みんなで相談してきました!

やっぱり新しい家具を目の前にすると、
みんな個人それぞれの要望が出てくるものですね!
それでも今回置く場所などの関係で買ってこなかったのですが、
いよいよ引越しの日にちも決まって本格的に作業が始まったので、
近々買いに行く予定です☆

さて母の日、皆さんは何しましたか?
私は、恥ずかしながら一度も母の日にプレゼントなどをしてあげたことがなかったので
今回は日ごろの感謝も込めて、
花と欲しいといっていたお財布をプレゼントしました
とても喜んでくれてよかったです。
母の日ではなくても感謝しなければですね!

読んでいただきありがとうございました。

鳥のから揚げとニキビ

私は学生時代~20代後半までニキビが良くできる体質でした。
少なくとも私はそう思っていました。
ニキビのでき始めは硫黄配合の軟膏、つぶして酷くなってしまったらひどくなったら殺菌作用のある軟膏を少し塗っていました。
ただ、顔をよく洗ってもニキビができる体質自体は直らず、家族でもニキビができるのは私だけだったので不思議に思っていましたが
30近くなりだんだん胃腸が弱くなって揚げ物を控えるようになってからニキビがピタッと止まりました。

思い返せば実家で暮らしていた時は母が私の大好物の鳥のから揚げを結構な頻度で作ってくれていて
母直伝のから揚げを私もよく作っていたので一人暮らしを始めた後も治らなかったのでしょう。
今から考えれば私は食べただけ身につく母や姉と違い、いくら食べても太らない代わりに「あぶら性」になって顔がテカテカする体質で
私と同じ体質の父は揚げ物を控えていたのでもっと早く気づくべきでした。

しかし、私の好物が長年私を苦しめていたとは皮肉なものです。
年齢と共に嗜好も変化しているようで今では肉よりも魚のほうが好きになり、揚げ物もたまに食べたくらいではニキビにはならないらしく
もう何年もニキビの軟膏を買っていません。
たまに実家に帰ると母が好物のから揚げをたっぷり作ってくれるので少しだけ心配になりますが。。。

傘との戦い

“雨だ。雨の日は買い物もが凄く面倒だ。どうしようか悩んだけど行くしかない。何故なら冷蔵庫が空っぽ。空っぽって勘違いしないでね主婦なんで調味料・ジュース・缶コーヒー・きゅうり・豆腐はあった。しかしこれじゃ夕ご飯にはならないよね。なんせ肉食のわが家、メインの肉が冷凍庫にもない。あ、冷凍庫にはアイスクリーム・冷凍カボチャ。専業主婦の冷蔵庫悲しい現状です。
雨だから車を出そうか悩んだけど、徒歩5分のスーパーに車で行くのも…歩こう!!そう、デブは歩かねば。
雨の日、私が好きなのはたまにしか出動しない長靴。ちょっと奮発して某海外メーカーの長靴がはけるのだ。いやぁ~靴だけオシャレさんになれる雨の日。そして厄介さんなのが傘。一応おしゃれな傘なんだけど、この傘が買い物の敵になるんだな。スーパーに入って居場所のない傘は超邪魔。傘袋のないスーパーだとジーパンに当たりビショビショになり買い物帰りも雨をよけてくれるけど両手塞がってるのに傘さすのは大変。毎回傘が風にあおられ悪戦苦闘する私。今日は風が弱く傘も飛ばされず助かった。帰って冷蔵庫に入れてやっと専業主婦らしい冷蔵庫になった。1週間まとめがいすると食品をダメにしてしまう私には永遠に傘との格闘は続くのだ。”

朝食、昼食、そして夕食

“キリスト教の聖地を舞台に、人々の食事を通してある1日を綴る「朝食、昼食、そして夕食」鑑賞。
面白いな、これ。うん、参った! キリスト教の三大聖地のひとつであるサンティアゴ・デ・コンポステラです。
古くから続く『スペイン巡礼』の終着地でもある街。この街の朝は街角にたたずむ中年ストリート・ミュージシャン、エドゥ(ルイス・トサル)のギターで静かに始まる。
前夜から飲み続けそのまま朝食に突入する2人の男。肉屋でチョリソーを盗むマケドニアの青年、兄にゲイであることを隠し通そうとする弟、現れない恋人の
ためにひたすら料理を作る脇役俳優。無言で質素な食事をする老夫婦。
「すべて失敗、何もうまく行かない」と、エドゥは歌う。そこに、昔愛した女性から昼食の誘いの電話が入る……。原題は「18 COMIDAS」。スペイン語かな。
18の食事、料理って意味らしいです。
サンティアゴ・デ・コンポステラは人口9万人の小さな街。それでも朝、昼、晩で50万回の食事が作られるという。
その回数だけ人生にはチャンスが、ドラマがあります。
本当に面白かったです。
舞台となる街が巡礼の終着地ということもあり、恋の終わるエピソードが多かったけどね。でも終わりは新たな始まりでもあるので、新たな恋が始まるエピソードも。生命の終わりもあるんだけど、その人の最後の食事が中華料理なんです。不味いって言いながら食べ、死んじゃう。中国嫌われてるなw観終わった後に「チョリソー食べる?」って言いたくなる不思議な魅力の詰まった、美味しい映画でした。”